株式評価

株式の譲渡や贈与、事業や営業権の譲渡や買収、あるいは資金調達等において、資産価値の評価を必要とする場面が多くあります。市場価格のない資産については、プロである第三者の客観的な評価が必要となります。 また、取引価額とする場合のその取引の内容、取引当事者、評価目的などの前提条件によって、妥当な評価手法も異なります。
例:
  • 第三者に株式を譲渡する際の株式評価
  • 親族に株式を贈与する際の株式評価
  • 組織再編(合併等)における株式の評価
  • 第三者割り当て増資における払込金額決定
  • ベンチャーキャピタルからの資金調達
  • 従業員持株会への株式発行価額の決定
  • 企業買収における事業価値の算定
  • 事業譲渡における営業権の評価 など
  

お気軽に
お問い合わせください


TEL:075(811)7116
FAX:075(841)6431
mail_icon1

053815

会計プロフェッショナルの税務事案奮闘記
深井和巳 監修
日本公認会計士協会京滋会 編著

租税法判例について、日々生起する相談案件を、京都で開業する公認会計士事務所で働く会計士により、判例中心で読み解くストーリー仕立てで構成。