社会保険労務士

当事務所では、社会保険労務士の報酬を、従業員数・顧問契約・業務内容を基準として、下図(概略)のように決めております。

さらにサービス内容により、加算・減算して個別に決定いたしますので、ご要望など詳細をお聞きした上でお見積もりいたします。

顧問報酬(月額 消費税別途)

従業員数 顧問報酬 給与計算
 1~9人 2万円~ 2万円~
10~29人 3万円~ 3万円~
30~49人 4万円~ 5万円~
50~74人 5万円~ 10万円~
75~99人 7万円~ 15万円~
100人~ 8万円~ 20万円~
【備考】 1.契約期間は1年とし、お申出がなければ自動更新させていただきます。
2.契約後2ヶ月間は、顧問料無料サービス。
3.従業員100人以上の場合は、ご相談ください。

 

業務別 標準手数料

(従業員数・内容により異なる場合があります)

業務内容 顧問契約 有 顧問契約 無
就業規則の作成・改正 10万円 20~30万円
賃金・退職金・旅費等諸規定 各5万円 各10万円
安全・衛生管理等諸規定 各5万円 各10万円
社会・労働保険の新規適用 3.5~8万円 5~12万円
社会・労働保険の適用廃止 3.5万円 5万円
保険料の算定・申告 1.5万円 2.5万円
関係諸法に基づく諸届等 1万円/1件 2万円/1件
保険給付金申請・請求 1万円/1件 1~3万円/1件
調査立会・出頭代行 1万円~/1件 2万円~/1件
助成金申請
(着手金が必要の場合は別途)
助成金額の10%~ 助成金額の20%~
労使協定の作成・届出 無料 100~150万円/1件
賃金制度・人事制度の構築 50~80万円 50~80万円
教育訓練・会社内での講演 2万円~/1日
  

お気軽に
お問い合わせください


TEL:075(811)7116
FAX:075(841)6431
mail_icon1

会計プロフェッショナルの税務事案奮闘記
木田 稔  監修
日本公認会計士協会京滋会 編著

租税実務を行う上で必須となる租税法(租税法判例)について、京都を舞台に日々生起する相談案件を、会計士たちが判例を基に解決していく小説仕立てでわかりやすく解説。