相続関係の報酬 具体例

例えば…
1月に体調を崩したSさん(被相続人)が7月1日に亡くなった場合

 

●相続人は、奥さんと子供3人
●相続財産は、土地建物と預金(2件)を合わせて1億円
●1月から節税対策や遺言書の作成を依頼
●死亡後、遺産の確定~相続税の申告までを依頼
●相続人間の争い無し

報酬額の例
相続税相談業務
(6か月間)
3万円×6カ月=18万円 18万円
基本報酬 10万円
遺産の総額により(図1) 70万円
追加報酬 口座解約(2.5万円+3万円×2件) 8万5千円
株式名義書換手続き(あれば) 0
割増報酬 共同相続4-1人×基本報酬80万×10% 24万円
土地の評価3万円×1物件 3万円
物納申請・物納申請 0
相続税申告業務の報酬合計(消費税別) 105万5千円

 

(図1)加算報酬の額

遺産の総額 報酬額
5000万円未満 35万円
5000万円以上 35万円
7000万円以上 50万円~
1億円以上 70万円~
3億円以上 150万円~

<== 前のページに戻る

  

お気軽に
お問い合わせください


TEL:075(811)7116
FAX:075(841)6431
mail_icon1

会計プロフェッショナルの税務事案奮闘記
木田 稔  監修
日本公認会計士協会京滋会 編著

租税実務を行う上で必須となる租税法(租税法判例)について、京都を舞台に日々生起する相談案件を、会計士たちが判例を基に解決していく小説仕立てでわかりやすく解説。