事業承継の概要

1、事業承継を円滑に進めるためには計画性が必要です。

①親族内承継

ⅰ関係者理解の為の事業承継計画作成

ⅱ後継者教育(社内教育・社外研修・セミナー)

ⅲ株式・財産分配の為に、株式保有状況の把握、財産分配の方針、生前贈与、遺言作成、会社法の検討等

②親族外承継

ⅰ関係者理解の為に、事業承継計画作成と親族の理解

ⅱ後継者育成(社内教育・社外研修・セミナー)

ⅲ株式・財産の分配の為、後継者への経営権集中化、種類株式の活用、MBOの検討等

ⅳ個人保証・担保処理

③M&A

ⅰ仲介機関への相談

ⅱ会社売却価格の算定と相手先の選定

ⅲM&Aの具体的実行

④現状把握の第1歩

ⅰ会社の現状把握(資産・負債の状況、損益・キャッシュフローの現状と将来予想、会社の競争力、従業員の現状等)

ⅱ経営者の現状把握(資産・負債の把握、個人保証の把握、保有株式の現状等)

ⅲ後継者の現状把握(後継者の能力、親族内・外からの後継者選び等)

ⅳ相続時の予想事項(相続人の現状、相続財産の特定・分配と算定及び納税方法、従業員・取引先の心情等)

以上を、書面に書き出し、まず経営者が把握・認識することが大切です。

そのお手伝いを第三者を入れて実施する方が、親族内・従業員等からの疑念・疑心を取り除くことができます。

 

お気軽に
お問い合わせください


TEL:075(811)7116
FAX:075(841)6431
mail_icon1

053815

会計プロフェッショナルの税務事案奮闘記
深井和巳 監修
日本公認会計士協会京滋会 編著

租税法判例について、日々生起する相談案件を、京都で開業する公認会計士事務所で働く会計士により、判例中心で読み解くストーリー仕立てで構成。