【消費税軽減税率制度】税額計算とその特例

税額計算とその特例

軽減税率制度の実施に伴い、消費税等の税率が複数税率になりますので、区分経理に基づき、税率ごとに税額計算を行うこととなります。
なお、区分経理を行うことが困難な中小事業者(基準期間(法人:前々事業年度、個人:前々年)における課税売上高が5,000万円以下の事業者をいいます。)には、一定期間、売上税額や仕入税額の計算の特例が設けられています。

 

お気軽に
お問い合わせください


TEL:075(811)7116
FAX:075(841)6431
mail_icon1

会計プロフェッショナルの税務事案奮闘記
木田 稔  監修
日本公認会計士協会京滋会 編著

租税実務を行う上で必須となる租税法(租税法判例)について、京都を舞台に日々生起する相談案件を、会計士たちが判例を基に解決していく小説仕立てでわかりやすく解説。